担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」

皆さん、こんにちは。

横浜能楽堂のあん娘こと石川泰菜です。

寒かったり、暖かかったり、そんな毎日の繰り返しですが、体調を崩されていませんか?

雨の日も増えてきて、一雨ごとに春が近づいてきていますね。

 

そんな、冬から春にかけてのこの時期、

横浜能楽堂では毎年「こども狂言ワークショップ~卒業編〜」が開催されています。

 

さて、この「こども狂言ワークショップ~卒業編〜」に参加するためには

先ず、夏休みに3日間開催される、小・中学生を対象にした「こども狂言ワークショップ~入門編~」に参加して頂かなければなりません。

 

「~入門編~」では、狂言の歩き方や座り方、小舞と呼ばれる舞のお稽古を行います。

3日間のお稽古を終えたあと、「狂言って楽しい!」「もっとやってみたい!!」というこどもたちを募集して「~卒業編〜」が開催されます。

 

「こども狂言ワークショップ~卒業編〜」は1月〜3月までの間に全10回のお稽古を行います。

「~卒業編~」は、参加者一人一人に役がつき、狂言1曲を仕上げるという内容。

3月下旬には「横浜こども狂言会」という発表会もあります。

「横浜こども狂言会」では、本物の装束を着け、140年の歴史がある能舞台で初舞台を踏むんですよ。

 

今年は2名のこどもたちが、参加してくれました。

 

 

 

台本は、大人と全く同じ。

台詞も動きも、すべて覚えなくてはなりません。

先生の台本の読みを聞いて、台本の漢字に読み仮名を振るところからスタートです。

この時は、お母さんが協力してくれました。

 

 

 能楽堂

 

  

その後、すぐに本読みが始まります。

 

 能楽堂

 

  

室町時代の言葉を言うのは初めて。

台本を目で追うのが精いっぱい。

 

 

 

本読みのお稽古が終わると、次のお稽古からは、早速立ち稽古に入ります。

先生の真似をしながら、覚えていきます。

 

 能楽堂

 

 

台詞を覚えて、動きも覚えて、う〜ん忙しい…(−_−;)

でも、「楽しい!」「好き!」って気持ちをパワーに変えて、

2人ともどんどん上達していきます。

 

能楽堂

 

だんだんと自分たちだけで動けるようになって、すごいなぁ〜。

 

 

 

今回2人は「しびり」という曲をお稽古しています。

お使いに行かせたい主人と、行きたくない家来の太郎冠者のお話。

 

主人にお使いに行って来いといわれた太郎冠者は「持病のしびりがおこって(足がしびれて)行けない。」と仮病を使います。

主人もちゃんとそれを見抜いていて、太郎冠者に聞こえるようワザと大声で「お使いに行けば、出かけた先でごちそうがあるのに、太郎冠者は病気で行けないから、次郎冠者を行かせるように。」と別の家来に言いつけます。

『ごちそう』と聞いて、行く気になった太郎冠者は、病気が治ったことにしようと……。

 

という、太郎冠者の気持ちがまるで自分のことのように感じられる内容。

 

 

 

現在のところ、半分の5回のお稽古が終わりました。

2人に「横浜こども狂言会」※への意気込みを聞いてみたところ、

主人役の子は、「ちゃんと考える格好良い主人になりたい」とのこと。

太郎冠者役の子は、「お使いに行きたくない太郎冠者が、仮病を使うところを面白く演じたい」とのことです。

 

ここからは「横浜こども狂言会」に向けて、さらにお稽古はペースアップ!

本番への緊張も高まりドキドキする時期でもあります。

でも、2人ならきっと素敵で楽しい本番が迎えられると思います!!

 

 

この「こども狂言ワークショップ」は平成8年からスタートし、20年続いているワークショップです。

これまで184人のこどもたちが卒業編まで参加し、横浜能楽堂の本舞台で初舞台を踏みました。

 

洋室での生活が多くなり、畳の部屋で正座をすることもすっかり減った今日この頃。

「こども狂言ワークショップ」への参加をきっかけに、『ご挨拶をすること』や『正座をすること』を始めとする礼儀作法や日本の文化を学んでもらうとともに、なにより「狂言って楽しいなぁ~」と感じてもらえれば嬉しいと思っています。

 

 

 横浜能楽堂 石川泰菜

 

 ※平成27年度の「子ども横浜こども狂言会」は、平成28年3月27日に終了しました。

↑トップへ戻る