ページの上部に戻る
文字サイズ

担当者コラム

第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち

2017.10.18

みさなん、こんにちは。

28回目の『こどものいる風景~活動現場から』は、「横濱 JAZZ PROMENADE」をご紹介します。

 

毎年10月に開催されている「横濱 JAZZ PROMENADE」。「今も昔もジャズは横浜」をキャッチフレーズに、1993年にスタートして今年で23回目をむかえました(2015年は10月10日・11日に開催)。

 

 

ジャズプロ

 

 

〈ジャズ〉と言うと、“ジャズクラブなどの夜のイメージ”や“大人の音楽”なんて思いがちですが、「横濱 JAZZ PROMENADE」(略してジャズプロ)では、子どもたちにも〈ジャズ〉をたくさん聴いて欲しいとの思いを込めて、中高生向けチケットや小学生無料などの企画を行っています。例えば、ジャズ好きのお父さんが子どもと一緒に〈ジャズ〉を聴く…「お父さんはこんな曲が好きなんだ~」なんて親子のコミュニケーションにもなって、またその子が〈ジャズ〉を好きになる…そんな繋がりが育っていけたらいいな~と思っています。

 

また、聴くだけではないのがジャズプロ!

「街角ライブ」(アマチュアバンドのステージ)には、たくさんの小中高校生バンドが演奏で参加しています。今年はカップヌードルミュージアムパークとクイーンズサークルの2会場に2日間で10組が出演しました。「みなとみらい Super Big Band※」や「SASAGE JAZZ ENSEMBLE ORCHSTRA」、「県立氷取沢高校JAZZ部 Jazzy Beats」などの市内・県内の学生たちや、毎年山梨から参加してくれている「富士学苑中学高等学校ジャズバンド部 Moon Inlet Sounds Orchestra 」や「祝!北陸新幹線開通」で身近になった金沢の「金沢ジュニア・ジャズ・オーケストラ JAZZ-21」の初登場など、毎年全国から子どもたちが参加してくれています。

 

実は、担当になると当日運営のため皆さんの演奏は全く聴くことができないのですが、わたくし、こっそり抜け出して「金沢ジュニア・ジャズ・オーケストラ JAZZ-21」の演奏を聴いてきました。私が会場に着いた時にはすでに演奏が始まっていたのですが、多くのお客様でまったくステージが見えない状態でとても大賑わい!

ステージ脇のスペースになんとか潜り込んで見てみると、「え、あんな小さな子がソロを吹いているの!?」と大人顔負けで、アンコールの声も出るなどとても素晴らしい演奏でした。

 

ジャズプロ

 

演奏後は、「みなとみらい Super Big Band」担当者が金沢を視察した縁で交流会を企画してもらい、子供たち同志が直接交流する機会も持つことができました。担当者からは、「演奏を聴き合い、また、直接話しをすることで、お互いがとても刺激を受けていた様だった。」と聞き、ジャズプロとしてこのような場を提供することができたのはとてもよかったと思っています。今回はこの2バンドだけでしたが、たくさんの小中高校生のバンドが参加してくれいるので、今後も今回のような交流の機会を持てればと考えています。

 

「街角ライブ」は無料公演ですので、気軽にお子さんと一緒にご来場いただけます。

プロの演奏、アマチュア・学生の演奏、また、色々な会場をめぐりながら横浜の街並みも楽しめる、「横濱 JAZZ PROMENADE」で色々な〈ジャズ〉を楽しんください!

 

 ※[みなとみらい Super Big Band]2013年、熱帯JAZZ楽団のサポートを受け、中高生を中心に横浜みなとみらいホールで結成されたジュニア・ビッグバンド。

 

 

協働推進グループ

早見史絵