ページの上部に戻る
文字サイズ

担当者コラム

第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」

2017.11.25

みなさん、こんにちは。

『子どものいる風景~活動現場から』レポート第3号です。

今回は、横浜みなとみらいホールから「こどもの日コンサート」の様子をお届けします。

 

今年は、子どもたちが大好きな“のりもの”がテーマでした♪

迫力いっぱいのオーケストラ演奏とかわいい児童合唱団の歌声に乗せて、おかあさん達にはちょっと懐かしい乗り物の曲から、子どもたちも大好きな機関車の曲までわくわくする曲がいっぱい!

 

 

最初は「バック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマ」。かっこいい車で音楽の世界へタイムトリップ!大迫力のオーケストラ演奏で、みんな目をまんまるにして音楽に惹きこまれていました。

 

 

「こどもの日コンサート」は、0歳からお楽しみいただける1回目、小学生からお楽しみいただける2回目と、1日2回公演があります。そしてなんと2回目は楽器をもってきた子どもたちがステージ上でオーケストラと演奏できるチャンスがあります。ステージ上は子どもたちでいっぱい!ピアニカやリコーダー、カスタネットなど、みんな思い思いの楽器を持ってきて、池辺晋一郎作曲こどもたちとオーケストラのための協奏的マーチ「さか・さかさ・かさ」をオーケストラと一緒に演奏しました♪なかにはヴァイオリンをもって来ている子も!横浜みなとみらいホールの館長である池辺晋一郎さんの指揮に合わせて、“ドーレミーファソーラシドー♪”とみんな一生懸命ドレミを演奏したり、リズムをとったり。。。楽しそうな笑顔がいっぱいでした。

 

 

130名の児童合唱団による「合唱メドレーコーナー」では、子どもらしい透き通った歌声と、みんなそろっての振付で豪華なステージとなりました。合唱団の振付と一緒に、客席でからだを動かしている子もいました。からだいっぱいで音楽を感じているんですね。

盛りだくさんの「こどもの日」にふさわしいにぎやかなコンサート。

 

来年も開催予定なので、ぜひ遊びにきてくださいね。

 

 

 

ここでちょっと夏休みのお知らせ。。。。

8月1日(木)~7日(水)の夏休みの1週間、横浜みなとみらいホールは、家族みんなで音楽を楽しむ「遊音地」になります。

美しいジュニア・コーラスの歌声を聴いたり、ホール自慢のパイプオルガンの音色を楽しんだり、オペラの演奏を聴いたり。。。そして迫力ある国内トップクラスの演奏家による名曲の数々。

ぜひ夏休みはみんな揃って遊びにきてくださいね♪

 

※「わくわく遊音地2013」の詳細はこちら→http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/cat109/

 

横浜みなとみらいホール 白川