担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第二十四回 ―サエグサくんのこと―

すこし前のことになりますが、こんなことがありました。
ある冬の日の午後、子どものアトリエに一人の青年が訪ねてきました。
「あのう、僕サエグサといいますが。」
背の高いその青年は恥ずかしそうに話を切り出しました。
「じつは僕、幼稚園の頃、ここに来たことがあるんです。」
聞けばサエグサくんは、大学を卒業するにあたり、自分の子どものころに撮られたいくつかの思い出の場所(とりわけ、みなとみらい地区)を、カメラをもって訪ね歩いているとのこと。「自分を育んでくれた横浜の街」という主旨のフィールドワークを卒業制作のテーマに、少し古くなった写真を手がかりに訪ねてきてくれたのでした。

 

 サエグサくんのこと1

 

サエグサくんの持っていた写真は1994年頃、彼が年長(5歳児)の時に幼稚園の遠足で「子どものアトリエ」を訪れたときのものでした、60人以上の園児と先生が写っています。「サエグサくんはどこ?」と尋ねると、前列右から3番目の子どもを指して「これが僕です。」おかっぱ頭のその男の子はにっこりとほほ笑んでこちらを見ています。目の前の青年のおもざしがそのままでした。サエグサくんのリクエストは、同じ場所に座って今の写真を撮りたいということでした。これがその時の写真です。

 

サエグサくんのこと2

 

最初の写真との間に17年の時が流れています。私はもう“お姉さん”ではなくなりました。

「幼稚園で来た時は何をしたの?」「絵の具をやりました。」サエグサくんはパンツ一枚で絵の具まみれになって遊び、楽しかったそうです。その記憶を裏づけるように子どものアトリエの記録画像には床一面に敷き詰めた紙の上で絵の具の活動をくり広げるパンツ一枚の子どもたちが写っています。この中のどこかに彼もいるんですね。(子どものアトリエでは開館以来のほとんどの講座記録を撮り残しています。)

 

サエグサくんのこと3

 

その後、サエグサくんは美術館だけでなく他の場所についても同じアングルで撮り、昔と今を並列する形でアルバムにまとめました。そのプロセスは単なる比較にとどまらず、目に見えぬものに気がつく「しかけ」になったと周りの人に話したそうです。とりわけその行為が家族との時間を見つめ直すきっかけになったことは、今のサエグサくんのクリエーターとしての仕事にもつながっています。

サエグサくんの試みに触れ、私はどの人にも子ども時代があり、まわりの大人たちに守られて成長してきたことをあらためて感じました。子どもたちが元気に笑い、走り回る、明日のことが楽しみにできる、そんな日々のくらしを守ってあげること、それが大人の役わりだとすれば、サエグサくんの記憶の中に子どものアトリエが楽しかった場所として残っていたことは私たちにとってはうれしいご褒美でした。17年ぶりの再会は、さまざまな“つながり”に思いをはせながら、そういえば私自身の幼稚園時代はいつもこんな感じだったことを思い出しました。

 

サエグサくんのこと4

 

筆者、いたずらをして逃走中。(4~5歳)

 

横浜美術館子どものアトリエ
山﨑 優(やまさき ゆう)

↑トップへ戻る