担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』

『子どものいる風景~活動現場から』の19回目は、保土ケ谷区にある横浜市岩間市民プラザよりお届けします。

 

 

岩間市民プラザをご存知ない方もいらっしゃるかもしれませんが、相鉄線・天王町駅から徒歩2分のホール・ギャラリー・スタジオ等を備える文化施設です。

▽横浜市岩間市民プラザ

岩間外観

 

今回、ご紹介する催しは、『橘樹神社 神楽でござる!2014』。

岩間市民プラザの主催事業である、東海道≪保土ケ谷宿≫魅力発見シーズの第3弾として開催された催しです。

このシリーズは、東海道の宿場町・保土ケ谷のお寺や神社などの地域歴史資産を活用し、芸術文化とのふれあいを通じて、保土ケ谷の魅力を発見していこうと3年前から始まりました。

 

 

今年も、昨年に引き続き、地域の歴史ある神社「 橘樹(たちばな)神社」の神楽殿にて、日本古来の伝統芸能である『神楽(かぐら)』を上演しました。

 

▽橘樹神社と神楽殿

神社外観 神楽殿 

 

出演者は横浜を中心に伝統芸能の指導や地元に根差した活動をおこなっているNPO法人里神楽・神代神楽研究会の方たちと、地域の市民参加者たちです。

 

 

今年も参加者を募集したところ、小学生の男の子二人が参加したいと集まってきてくれました! さらに、男の子のお母さんも今回、一緒に参加してくだることになりました。

 

 

 

お稽古は8月から毎週1回おこなわれました。

神楽は台本などが存在しませんので、先生の動作を見て真似て覚えていきます。

最初はお稽古に慣れずにうまくいかず、不安になる様子もみられましたが、回数を重ねて慣れてくると、みんなあっといまに習得していき、みているスタッフ側がその飲み込みの早さに毎回驚くばかりでした。

 

▽熱の入った先生の指導に子どもたちも真剣にお稽古しています。

稽古風景 稽古風景

 

10月25日いよいよ本番。

当日は神楽日和といわんばかりの快晴!!!

市民団体や商店街の協力もいただき、当日は保土ケ谷の今昔写真展やアンティークバザールも同時開催。さらに保土ケ谷名物会の皆さまも来ていただき、おいしい和菓子やお鮨を販売していただき、とてもにぎやかな会場となりました。

 

今回上演する演目は「神剣幽助(しんけんゆうじょ)」と「敬神愛国(けいしんあいこく)~恵比寿・大黒・鈴隠し~」。

子どもたちが出演するのは、「敬神愛国」の演目です。

 

☆敬神愛国あらすじ・・・

恵比寿様の家を大国様が訪れます。恵比寿様は酒を振るまい、鯛を釣り上げます。

大黒様は感謝をし、いでいで宝という喜びの舞を舞います。途中、大国様と恵比寿様の従者が面白おかしく鈴隠しの舞を舞います。滑稽でおめでたくわかりやすい演目です。

 

 

▽出番がない時も舞台裏で様子をうかがいドキドキ・・・

舞台裏

 

 

▽神社の狛犬も心配と期待を胸に見守っています

狛犬

 

さあ、いざ準備にはいります。子どもたちは恵比寿さまと大黒さまの従者役。

お母さんは大黒さまを演じます。恵比寿さまは昨年参加してくれた女の子のお母さんが今年も参加してくださいました。

 

 

▽楽屋で着付けが始まります

着付け 

 

▽本番がはじまりました!

舞台本番

 

お稽古では心配なところも少しありましたが、みんな本番に強い強い!!

立派に演じ切ることができました。

用意したイスが足りないくらいにお客様もお越しいただき、みなさまからの拍手喝采で幕を閉じました。

 

 

終わったあとの楽屋ではみんな満足気な表情。

本当に子どもたちの度胸の良さに感心するばかりでした。

 

 

昔は神社のお祭りで神楽をみる機会も多かったですが、最近はめっきりそんな機会も少なくなってきました。岩間市民プラザでは、子どもの頃から日本の伝統芸能に触れる機会をこれからも沢山つくっていきたいと思っています。

 

 

 

横浜市岩間市民プラザ 天野静香

↑トップへ戻る