担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」

 

横浜ではいろいろな施設で子どものアートの活動が行なわれています。それらの情報をまとめてお伝えするのが<ヨコハマ・コドモ・アートナビ>で、活動の中で見せる子どものいろいろな表情や様子を事業担当者がレポートするのが<子どものいる風景〜活動現場から>です。これからもよろしく!

 

 

さて、レポート第1号は横浜市民ギャラリーあざみ野の親子のフリーゾーン4月24日の様子を。<親子のフリーゾーン>は横浜美術館の子どものアトリエが“本家”で、あざみ野はブランチです。子どものアトリエの親子のフリーゾーンは日曜日開催ですが、あざみ野は月3回のうち1回だけ日曜日でほか2回は水曜日の開催なのが特徴。平日の開催は幼稚園や保育園に通っていない3歳未満の幼児が“お客さま”。だから当日はそんなに広くないアトリエの廊下がバギーでいっぱいになります。(バギー集会みたい)

 

 

とくに2歳未満の幼児は人のかたちをしているけれど、動きは子犬や子猫みたいにたえず衝動的に動き回る。四頭身の彼らは足もとおぼつかず頭が重いので、すぐにこけたりする。可愛いところを写メしたいおかあさんもハラハラの様子。

 

 

クラフトコーナーでつくった“王冠”をかぶった男の子が、おかあさんとえのぐコーナーへ。係のおねえさんがくれたえのぐのカップと筆をポイッと放り投げると、えのぐを洗うための水槽へ一目散。どうもえのぐよりは茶色く汚れた水が魅力的に見えたようだ。今にも茶色い水を飲むかのように顔を近づけて両手でバシャバシャ。ほかにも“汚れた水大好き幼児”数人がバシャバシャ。

ちっちゃい子は自分のしたいことをやってみるのが大切とおかあさん納得顔。

 

 

11時30分、子どもたちは手足を洗い着替えをして「またおいで〜」と係のおねえさんたちに見送られながらバギーの人になる。館長の私はホースで床掃除。「ねぇー帰ろうよ」と言ってるおかあさんの声が。足もとでは2歳前の男の子がカラの掃除バケツに頭を入れかぶろうとしていた。やっぱり子犬だ。

 

 

横浜市民ギャラリーあざみ野 三ツ山一志

 

横浜市民ギャラリーあざみ野 三ツ山一志

↑トップへ戻る