ページの上部に戻る
文字サイズ

担当者コラム

第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!

2017.04.23

『子どものいる風景~活動現場から』の12回目は、吉野町市民プラザの取り組みをご紹介します。

吉野町市民プラザは、横浜市立の小学校では4年生で学ぶ「吉田新田」の一番端っこ、大岡川と中村川が合流するところにある施設です。平成元年7月に開館、昨年は開館25周年でした。これを機に、より多くの方々にお越しいただきたいという想いから、子どもも楽しめるプログラムをいろいろ開催しました。

まず、5月5日のこどもの日には「こどもの日スペシャル!」。

未就学児のお子様からお楽しみいただける、スペシャルコンサート「スイミー」。打楽器や手拍子で一緒に参加できる楽しいコンサートで、たくさんのお客様がご来場くださいました!

あわせて、スイミーの原作者レオ・レオニの絵本展や地域のボランティアさんによる読み聞かせ、無料で参加できる「吉野町フリー寺子屋『カラフル兜をつくろう!』」もあり、みんなで楽しめる大賑わいの一日でした!

 

   

 

このフリー寺子屋は「吉野町アート寺子屋」シリーズの一つ。これまでにアート寺子屋では、造形や音楽などのワークショップを開催してきました。

夏のアート寺子屋では「杉のかおりが楽しめる ちぎり絵うちわをつくろう!」と、紫キャベツなどの自然の色彩を使って蝶を作る「キセキの蝶」と題したワークショップを実施し、みんなの力作をプラザのギャラリーホワイエに展示して、たくさんの方々にご覧いただきました。

 

 

 

造形だけではありません。この夏は劇団ひまわりと共催で演劇公演「コルチャック先生」を5公演開催しました。暑い暑い夏の日々、たくさんの子どもたちが真剣に稽古を重ね、感動の舞台を創りあげました。

 

 

空気が澄んだ寒い冬、近隣の皆さんが力を合わせて創りあげる「大岡川アートプロジェクト『光のぷろむなぁど』」でも、子ども会や小学校が参加して、キャンドルアートや子ども屋台、キッズダンスの舞台などなど、こどもたちが大活躍!

 

 

 

その他、学校プログラムでは4校を担当し、コンテンポラリーダンス、クラシック音楽、ジャズのプログラムを各校にお届けしています。(ピアノの写真は昨年度の様子)

 

 

 

 

吉野町市民プラザでは、これからもたくさんの方々にお楽しみいただける多彩なプログラムをご用意していきます。身近で親しみやすい施設です。ぜひ一度、いらしてください!

 

吉野町市民プラザ 尾形尚子