担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館

新しい年がはじまりました。まだまだ寒さが厳しい季節です。みなさん風邪に注意してください!

さて、『子どものいる風景~活動現場から』の11回目は、昨年の夏休みに実施した大佛次郎記念館「子ども一日館長」の様子をレポートします!

当館では、今回初めて横浜市内に通う小学生を対象に「子ども一日館長」を実施しました。

館長に就任したのは小学3年生から6年生までの9名のみなさん。

「受付のお仕事がしてみたい!」

「大佛次郎がどんな人か興味をもったから」

など、応募した時から館長としての意気込みが伝わります!!

 

当日は、10:00に館長室へ集合。

はじめに、大佛次郎について沼尾館長からお話しを聞きました。

そして、「館長任命式」!

 

 

一人一人の「子ども館長」へ任命状が手渡されます。

みんなちょっぴり緊張した様子で任命状を受取りタスキをかけ、館長に就任しました。

さあ、お仕事のはじまりです!

午前中は展示の説明を聞いて大佛次郎について学び、また、絵本の朗読会にむけての練習をおこないました。

 

 

午後からは、受付・案内や展示キャプションの作成、図書の受入業務など、盛りだくさんな仕事を体験しました。

 

さて、いよいよ14:00からサロンにて童話「スイッチョねこ」の朗読会です。

「スイッチョねこ」は、主人公の子猫、白吉がスイッチョ(キリギリス科の昆虫:ウマオイ)を飲み込んでしまった物語。昭和21年に「こども朝日」で発表され、作者自身が「自分の一代の傑作であり、書いたものでなく生まれたものだった」と語る作品です。

 

『スイッチョねこ』表紙絵より 文:大佛次郎 絵:安泰 1975年 フレーベル館

 

 

一冊の本をリレー形式で、交代しながら読み進めていきます。

多くのお客様が見守る中、一人一人がそれぞれの「スイッチョねこ」を朗読しました。

さすが、本が大好きなみなさんです。観客の方からも「とても上手ですね!」との声がありました。

 

 

最後に一日を振り返るミーティングを行いました。

「鞍馬天狗や赤穂浪士の本を読みたいと思う。また遊びに来たいです。」

「館長さんは座っているばかりでないことがわかった。いろいろなお仕事ができて、楽しかった!」

など、みなさん前向きに仕事に取り組んでくれました。本当におつかれさまでした。

猫のレリーフの前で、全員集合!パチリ☆

皆さんの笑顔が何よりの宝物です。ますます本を読む楽しさを感じ、想像力の翼を広げていってくださいね。

 

 

(大佛次郎記念館 吉田)

↑トップへ戻る