担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第九回 種をまく

9回目の『こどものいる風景~活動現場から』は、学校プログラムのご紹介。

横浜市芸術文化教育プラットフォームの取り組みで、様々なアーティストが、コーデネーターのコーディネートのもと小学校に伺って子どもたちとプログラムを行います。

 

小学校にゴスペル歌手が訪れ、子どもたちとプログラムを行った様子を少し紹介します。

 

「子どもたちが身体をいっぱいに使って、声を出す心地よさを感じながら、クラスで1つの作品をつくりあげる過程を体験し、表現することの楽しさや音楽の豊かさを感じること。」を目標に小学校へゴスペルの先生をまねきプログラムを行いました。

 

 

 

 

子どもたちと講師の初対面。最初は緊張ぎみだった子どもたちも先生の言葉に大爆笑!すぐに緊張が解けた様子。先生と一緒にゴスペルの歌詞を口ずさみながら体も動かします。

 

 

 

 

「どんな振りにする?」「楽しい感じにしたい!」「手拍子をつけようよ」先生を囲んで、歌詞につける振りの内容をみんなで打ち合わせ中。

 

 

 

 

いよいよ体を動かしながら練習。「遠くまで声を届けるイメージで!」先生のアドバイスにも熱が入ります。先生の熱が伝わったのか、さっきまで声が小さく下を向きがちだった子が前を向いて大きく口を開けたり、ある子は体を大きく動かして楽しい様子を表現したり、「もっと手拍子を早くしよう!」新しい意見も飛び出して、段々形になっていきます。

 

最後は、体育館にてクラスごとに発表を行いました。他の学年の子どもたちや保護者のみなさんも見学にきて、会場は大きな拍手に包まれました。

 

全部合わせても1人の子どもがアーティストと会ってプログラムを体験する時間は1日に満たない時間。 人間の一生が○日だとしたら、ほんの一瞬のできごと。

でも、この強烈な印象がいつか何かの瞬間に花開くかもしれないなぁと思い、種まきみたいだと思うのです。

 

 

今年もいよいよ学校に行く時期になりました。

どんな種が蒔けるのか楽しみです!

 

 

協働推進グループ 児玉

↑トップへ戻る