担当者コラム一覧

16年11月29日 第三十五回 51年目の「横浜市こどもの美術展」
16年10月3日 第三十四回 横浜美術館子どものアトリエ「教師のためのワークショップ」開催!
16年7月22日 第三十三回 五感をつかって撮ってみよう! 「さわって、かいで、撮って、焼く-体感写真-」ただいま挑戦中!
16年4月15日 第三十二回 今年で20回目の開催「こども狂言ワークショップ~卒業編~」
16年3月25日 第三十一回 大きな歓声を追い風に連凧揚げ! 「おハながらdeっカイト」
16年1月27日 第三十回 子どもの手を育む活動「やってみよう!ホチキスでとめて、とめて」
16年1月4日 第二十九回 「第3回 ミニ・ビブリオバトル 大好きな本てどんな本?」 大佛次郎記念館
15年11月27日 第二十八回 「横濱 JAZZ PROMENADE 2015 」〈ジャズ〉で育まれる子供たち
15年10月2日 第二十七回 たくさん笑って暑さも吹き飛ぶ!「夏のこども寄席」(横浜にぎわい座)
15年9月8日 第二十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間! ~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
15年8月10日 第二十五回 子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ 『めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』
15年7月13日 第二十四回 ―サエグサくんのこと―
15年3月9日 第二十三回 本物の強さ
15年2月8日 第二十二回 「ハマキッズ・アートクラブ」の再開(横浜市民ギャラリー)
15年1月9日 第二十一回 吉野町市民プラザ 子ども達が楽しめる多彩なプログラムを開催しています!
14年12月8日 第二十回 ダンス って 面白 い!! 「学校 プログラム」
14年11月10日 第十九回 岩間市民プラザpresents 『橘樹神社 神楽でござる!2014』
14年10月20日 第十八回 「大好きな本」をもって、大佛次郎記念館に集まれ!!  「ミニ・ビブリオバトル」~第2回は、11/8(土)開催予定です!~
14年9月22日 第十七回 横浜にぎわい座「夏のこども寄席」
14年8月20日 第十六回 家族みんなで楽しむ、わくわく音楽体験週間!~「みなとみらい わくわく遊音地」より~
14年7月25日 第十五回 自分のペースで少しずつ「親子で造形ピクニック」
14年6月30日 第十四回 嬉しいお手紙 ~親子のフリーゾーンに参加したご家族から~
14年4月28日 第十三回 春は節目の季節です~『こども狂言ワークショップ』(横浜能楽堂)から~
14年1月28日 第十二回 コンサート、演劇、造形・・・ いろんなジャンルで芸術にアプローチ!
14年1月7日 第十一回 「子ども一日館長」大佛次郎記念館
13年12月18日 第十回 昔、子どもだった皆さんへ
13年11月26日 第九回 種をまく
13年11月5日 第八回 子どもって ∞(無限) です
13年10月23日 第七回 笑いで暑さも吹きとばす「横浜にぎわい座有名会『夏のこども寄席』」
13年10月1日 第六回 日常のひとひらのように―美術館の鑑賞プログラム(横浜美術館)
13年9月3日 第五回「和の文化にふれる!『子どものための夏休み日本舞踊ワークショップ めざせ☆やまとなでしこ&にっぽんだんじ!!』(横浜市岩間市民プラザ)から」
13年8月6日 第四回 楽しいっていろいろ、子どものためのプログラムより
13年7月16日 第三回 「楽しい音楽がいっぱい♪『こどもの日コンサート』から」
13年6月25日 第二回 「祝!初舞台 ~『横浜こども狂言会』 (横浜能楽堂)から~」
13年6月4日 第一回 「親子のフリーゾーンのちいさな人たち」
子どものいる風景~活動現場から

第八回 子どもって ∞(無限) です

2013年11月5日

11月に入り、寒くなってきましたね。

8回目は『こどものいる風景~活動現場から』は横浜市磯子区民文化センター杉田劇場のレポートです。

 

杉田劇場は横浜市の中でも南に位置する磯子区の、やっぱり南側にあるJR「新杉田駅」目の前の文化施設です。

杉劇(杉田劇場の略)で『子どもがいる風景』といえばやっぱり「ひよこ♪コンサート」!

 

「ひよこ♪コンサート」って??

「音楽に触れさせたいけど未就学児が入れない…」というママパパの声に応える音楽会。

“0さいからの小さなコンサート”というサブタイトルの通り、新生児から入場できる約60分の休憩無しの音楽会です。

 

年に3~5回行っている「ひよこ♪コンサート」。公演当日のロビーは子どもの楽園さながら!よちよち歩きから幼稚園児まで元気一杯に走り回ります。

 

 

コンサートが始まって、出演者の「こんにちはー」の声に応えて巻き起こる、泣き声&叫び声(笑)入り交じる挨拶の声。

これこれ、これがひよこ♪コンサート!普通だったら「うちの子がうるさくして迷惑にならないかしら…」と心配になる方が多いかと思いますが、それはみんな一緒。「ひよこ」ではそんなことは気にせず、出演者と一緒に声を出して歌って、踊りだして楽しんじゃいます!

 

おや、杉田劇場に集まる子ども達の声にひかれて「すぎらいおん」がやってきました!

 

 

吹奏楽の指揮を振り始めるマエストロすぎらいおん。

 

 

そして、コンサートの最後にはみんなで「ばいばーい!!」

 

 

子どもたちへ情操教育として何か聴かせてあげたい、親は我が子を思いいろいろと考えます。

その時に企画側が考えるのは「童謡・唱歌」「クラシック音楽の名曲」「テレビで聴いたことのある曲」などなど…こういった「知っている人が多い名曲」は生の演奏会の会場でも、ぜひ聴いてほしいものです。

 

…ですが、もうちょっと、もう一歩。「世界にはこんな音楽・パフォーマンスもあるんだよ!」ということを子どもに伝えたい!知ってほしい!「杉劇のひよこ♪コンサート」はそんなことを考え、音楽自体の魅力に加え「音楽の渡し方(演出・構成)の工夫」を一番大事にして企画を練ります。

 

 

ただ、子どもたちの反応は正直で本当に様々です。途中までじっと聴いてて遊びだす子、そもそもあまり聴くつもりが無い子、眠くて眠くて仕方がない子…こちらがどんなに工夫をしても思ったとおりの反応なんて返ってくるわけもありません。

それもそのはず。子どもがお母さんのお膝の上で舞台上だけを見ながら60分じっとしてる…「演奏会ではお行儀よく」なんてやっぱり大人の考え方。子どもは自分のしたいようにしたいのです。(子どもっていいなぁ!)

 

ですが、ホールの階段を登り降りしながら聴いた音楽は子どもの数だけ違うカタチになり、「あの日聴いた歌」となって子どもたちのどこかに残るはず。なぜなら、子どもの受け取るチカラは無限大、それに応えるアート(芸術)のチカラも無限大!なんですから。

 

「ひよこ♪コンサート」でそんなアートのチカラ、音楽のチカラ、そして目の前にいるご自分の子どもの無限のチカラに触れてみませんか?

その時は感じられなくても5年後、10年後にきっと感じられるはず…。

 

 

 

横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場

鎌形 昌平

↑トップへ戻る